建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
若葉から青葉へ、日に日に緑を濃くしていきます。陽射しも
初夏のような日が続きます。

A・S邸の茶庭が完成したと、武田園芸さんから連絡が入り、
自信作と自慢するので、拝見してきました。
確かに密度の高い、凝縮した露地空間が完成していました。
武田さん撮影の写真です。ご覧ください。

山形市 A・S邸 茶庭完成_c0097137_14595553.jpg




















山形市 A・S邸 茶庭完成_c0097137_15000019.jpg






















山形市 A・S邸 茶庭完成_c0097137_15000570.jpg



















施主のご夫妻も予想以上の出来と、喜んでおられました。
ただ残念なのは、コロナ禍のために完成祝いのお茶会が
出来ないでいることです。

私の好きなお酒も出る夜咄茶事は、懐石料理をいただき
ながら「千鳥の杯」といって亭主と客が一つの杯でお酒
を回し飲みをします。その後に数人分の濃茶を回し飲み
します。小間といって小さな茶室の中で行われます。

一期一会の濃密なもてなしですが、これって3密の極致
ですね。茶道の伝統文化がすたれないことを祈ります。
私はただお酒が飲めるだけで、いいんですけどね。


# by cosyoken | 2021-04-27 16:38 | 山形市 A・S邸

理想の家

先週、新聞のテレビ欄に興味を引く紹介文が書かれていたので、
その番組、BSテレ東の「突撃!隣のスゴイ家」を見ました。

紹介文の締めの文章です。
広い敷地がなくても、巨額な費用をかけなくとも知恵と工夫、
こだわりがあれば「理想の家」はできることがわかる。

番組は2軒の家が紹介されていて、最初は建坪7坪弱の狭小だが
開放的でおしゃれな空間の家、次は8帖しかないのに大容量収納
を可能にした家でした。

どちらも狭小地ながら、それを感じさせない空間を、ローコスト
で実現していました。それらは都市型住宅の特色で建築家の得意
とする分野なのです。

ずいぶん前になりますが、私が設計させていただいたローコスト
住宅を雑誌の記事にしていただきました。「山辺町 M邸」です。
よろしければご覧ください。

理想の家_c0097137_11152169.jpg







# by cosyoken | 2021-03-25 11:25 | 建築

公園と鷹

私の事務所の机のすぐ前が霞城公園のお堀です。
景色はいいのですが、朝晩には数百羽のカラス
が目の前を飛び回っています。

今朝はその光景がなく、不思議に思っていたら
一羽の鷹が悠然と風に乗っています。山形市が
カラス対策で鷹匠に依頼しているのです。

数百を相手に、たった一羽で見事に駆除してい
ます。飛んでいる優雅な姿がかっこいいですね。
フォルクローレの「コンドルは飛んでいく」を
思い出しました。

公園と鷹_c0097137_13493850.jpg


公園と鷹_c0097137_13494613.jpg

# by cosyoken | 2021-02-19 14:45 | つれづれに
本日、ホームページをリニューアルいたしました。合わせてこの
ブログをスマホでも広告なしでお見せできるようになりました。

この作業にあたって、実績写真を見ていたのですが、建て主さん
との最初の出会いから、家の完成までの日々を思い出します。
私に依頼される方々は20代から60代まで幅広く、それぞれの
家族構成やご要望それに好みなど、どれも同じということはあり
ません。共通しているのは、自分たちらしい家が欲しい、そのた
めに真剣に家づくりに取り組まれたことです。

私の役割は羅針盤のように、それぞれの理想の家にたどり着く
ための道程を示し、共同作業で進んでいくことです。
その過程をこのブログでは綴っています。これから家づくりを
される方には参考になるかもしれません。
よろしければご覧ください。ホームページはこちらです。

ホームページ リニューアル_c0097137_14420100.jpg

# by cosyoken | 2021-02-05 15:05 | つれづれに

仕事始め

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。今日が仕事始めです。

コロナ禍はいつまで続くのでしょうね。安全なワクチン
で、なんとか早期の終息を願いたいものです。

いただいた年賀状をみて気づくのは、自粛で家にいる
時間が増えて、家での生活を再確認されたことです。
年賀状に書かれたコメントのいくつかをご紹介します。

「コロナで改めて家の良さを見つめ直しました」

「なかなか外出ができない日がつづきますが、横山さん
 のお家のお陰で、快適に過ごしております」

「快適な住まい、四年住んで実感しています」

設計で心掛けている「豊かな空間」や「施主のご要望を
超える提案」などが施主の満足度を高め、快適さを実感
されているのだと思います。

家への関心の高まりで、設計事務所への期待が増してい
けばいいなと思います。気になる家の総金額は、設計事
務所の設計・監理料と地元工務店の工事費を合わせても、
ハウスメーカーと比べ大きな差はないのです。

家づくりをお考えであれば、お気軽にご相談ください。


# by cosyoken | 2021-01-06 13:15 | つれづれに