建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

上山市 K邸 現場打ち合わせ

寒い日がつづきます。冷たい風がすっかり葉を落とした木々の枝を
吹き抜けていきます。この風は山からの吹きおろしかもしれない。

一昨日はK邸の打ち合わせがありました。施主施工の室内の塗装も
ほぼ終わりました。吹き抜けもあるので、かなりの面積を一人で
ボード貼りから下地処理、下塗り、上塗りという工程をされたのです
からたいしたものです。

一見するとプロなみの出来で、棟梁とともに感心してしまいました。
ただ光のかげんで波が見えたり塗り加減の違いが見えたりする
のですが、ご家族が納得すればそれでOKです。なにせ自分たち
の家ですから。気になればまた塗ればいいだけです。

上山市 K邸 現場打ち合わせ_c0097137_13443721.jpgこれは夕焼けの光に染まる外観です。テラスに3本の柱があり大屋根をささえています。右に見えるのは蔵王の山々です。山頂は雪におおわれ冬の到来を知らせます。


年内完成をめざして、床の板張りは大工さんにお願いすることに
なりました。ここまでがんばったのですから、これはしょうがないと
いうもの。

家は買うもの、選ぶもの、というのが一般的になっていますが、
自分たちの要望を形にするために建築家に依頼し、工事のなか
で自分でできることは自分で、という考えは、家づくりの本質に
迫るものだと思います。自分たちらしい家は自分たちで手に入
れるしかないのです。

それにしても設計まで自分たちで、と考えなくてよかった!
もっとも私の提案したプランを気に入らなければ、そうしたかも?
by cosyoken | 2008-12-05 14:35 | 上山市 K邸