建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

仕事納め

クリスマスの夜から降り続いた雪に、街は一面の銀世界です。
こうした雪景色も青春時代には、それも恋人と見たりすると寒さも
感じないで、自分たちだけの素晴らしい舞台のように見えたもの
ですが・・・今では雪見酒。あの頃がなつかしい。

仕事納め_c0097137_15574544.jpg













昨日は事務所の仕事納めでした。最後の仕事はO邸のクローゼ
ットの棚造り。施主施工のお手伝いでした。年末年始は今日から
年明けの5日まで、お休みにさせていただきます。

今年もおかげさまで忙しい日々が続きました。基本設計に実施
設計そして現場監理の連続でした。施主の方々には本当に感謝
しています。ありがとうございました。

今年の感想は「今年をふりかえって」というタイトルでHPのコラ
ムに書きましたので、よろしければご覧下さい。

一文字で表すと私の場合は「変」ではなく「情」です。企業と政治
の非情、それに対して動き始めた温情。人間は物ではないという
抗議の声。米国追従の拝金主義の終焉の年だったとすれば、
明るい未来が開ける転機かもしれません。

今年も多くの人にお世話になりました。ありがとうございました。
またこのブログをご覧いただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
お体にお気をつけて、よいお年をお迎えください。
by cosyoken | 2008-12-28 17:55 | つれづれに