建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

バラガン邸

2月ももうすぐ終わりですね。そして3月。最近、街で新社会人らし
い人たちをよく見かけます。初々しい感じがとってもいいですね。

先月みてきた「ルイス・バラガン邸を訪ねる」という展示会について
HPにコラムを書いて更新しました。ここには写真を載せますので、
よろしければ合わせてご覧ください。

この住宅は1948年に完成した、メキシコが生んだ建築家の巨匠
バラガンの自邸です。凄いことに2004年にユネスコの世界遺産
に登録されました。20世紀最高の名作住宅といわれています。

バラガン邸_c0097137_14392667.jpg玄関から、このホールを通りリビングに入ります。外界から閉じ、彫刻のような階段と切り取られた天井、金色の絵、それに時と共に移動する光。
右下にある椅子の、位置と向きが50年間変わらないというエピソードがあります。それだけ完璧に構成されている、ということでしょう。






この下の写真の住宅は、彼の最後の作品でヒラルディ邸です。
色や光を自在にあやつる彼の集大成ともいえる空間です。

バラガン邸_c0097137_1515461.jpg食堂の一角にプールをつくり、色と光で幻想的な雰囲気を醸しだしています。メキシコの強い陽射しだからこそ、原色が合うのかもしれません。




これを設計したのは、彼が75歳のときです。現場にかよい色を
なんども塗り替えさせたようです。作品自体もそうですが、彼の
完成度を上げるための執念に、深く感動するのです。
by cosyoken | 2010-02-26 17:35 | 建築