建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

小窓

桜、梅、こぶしがいっせいに咲き、そして散った後は新緑の若葉
が目に鮮やかです。山々を見ると産毛のようなふわっとした感じ
で若葉が萌えています。いい季節になりました。

今回は小窓について書いてみます。私の設計では窓を大切に
しています。室内から見える風景を切り取るための窓、光を取り
入れるための窓、風が通り抜けるための窓。それらを必要な所
に合わせて選択していきます。

ロフトや高い所には光の帯や移動する様子を見せたくて、小窓
を多く使ったりしています。夕暮れの紅の光が射し込んで室内
を染めるのもいいものです。

室内での光を考えてのことですが、これが夜になると小窓から
の灯りが外から、とても綺麗に見えるのです。下の写真は夜景
が美しいと評判になっているらしい、天童市M邸です。

小窓_c0097137_11155457.jpg

家に灯りがついて、家族の生活が営まれている。そしてその灯
りが外を行きかう人にも美しいと感じてもらえる。これってとても
うれしいことなのです。
by cosyoken | 2010-05-10 12:32 | 天童市 M邸