建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

移動の季節に思うこと

移動の季節に思うこと_c0097137_11114791.jpg今日は啓蟄、冬蘢りの
虫が出て来る日です。
先日の雪で隠れたふき
のとうも顔をだしました。
もう3月ですからね。
長い冬もそろそろ終り
のようです。


3月に入って移動の季節になりました。私のよく行く居酒屋でも、
なじみの客の送別会がひらかれました。勤める大会社の規則
で55才になった彼は嘱託になり、山形を離れることになったの
です。一線から離れる寂しさを感じました。

その席には80才でも現役で働いている人もいました。まだまだ
意気軒昂で、水泳で体を鍛え、酒を呑みカラオケで歌います。

最近思うのは、年齢で定年や嘱託にする会社の規則の厳しさ
です。現役で働けるのに会社からはずされてしまう。長年培っ
た経験や知恵や、その人の貴重な人脈さえ消えてしまうのに。

一方で現役世代にも就職は厳しく、また非正社員が増えてい
る。利益のみを優先する会社の、ご都合主義ではないのか。
こうした現実が多くの人々を不安にさせ、購買意欲を失わせ、
その結果としてさらに景気が悪くなるという悪循環。

せめて政治が・・と書きかけて「ゲゲゲの女房」ならぬ「下下下
の政治」で笑ったことを思い出した、トホホな私でした。
by cosyoken | 2011-03-06 12:45 | つれづれに