建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

管理建築士講習会

管理建築士講習会_c0097137_12342125.jpgドグダミの花が可憐に咲いてい
ます。それにしてもこの名前、
響きが怖いですね。薬草として
毒に効用があるからついたらし
いけど。ちなみに花言葉は「白
い追憶」です。こちらのほうは
いいニュアンスですね。


一昨日に管理建築士の講習会と試験にいってきました。朝9時半から
4時半までびっしりの講義で、そのあと1時間の試験。さほど難しくは
ないのですが,それより時間と講習代1万5千円が・・・

この制度は耐震偽造事件が発端で出来たので、主たる目的は倫理観
の啓蒙です。「高い倫理観、職業意識の上に業務を遂行し、社会的使
命を果たすことが求められる」とテキストにあります。
そんなことは当たり前のことで、それをことさら講義をし、試験では第一
問にこれと同義の問題がでて○×で答えさせるという愚問。なさけない
やら腹が立つやら、たった一人のアイツのせいで、と。

そもそも、この制度をつくった国土交通省の官僚や政治家に、倫理観
のことなど教えてもらいたくないし、たった一日の講習それもDVDで、
高い倫理観が育つとでも考えたのだろうか。

腹立ちまぎれに、今週火曜日にでた朝日新聞の、今年前半の読者の
川柳をまとめた平成落首考から、その一部をご紹介します。

「解散を叫ぶ以外は無能なり」    「口害が糞害よりもひどい鳩」
「杞憂だと笑い想定外と言う」     「原子炉をなだめる術は原始的」
「原発には口を拭って野党づら」   「楽天家 菅なき後に青い鳥」
by cosyoken | 2011-07-02 14:18 | 建築