建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

戦う顔

戦う顔_c0097137_14201428.jpgこれは昨日の蔵王猿倉スキー
場です。仕事で坊平のペンショ
ンに行く途中で撮りました。
蔵王は風が冷たく雪も近いよう
に感じました。
月山や鳥海山では雪が降った
ようです。夏は居座り、冬は駆
け足。秋、がんばってくれ!

先日テレビを見ていたら、友人が「個性的な顔が並んでいる」というので
よく見ると、沖縄密約訴訟の原告団のメンバーでした。作家の澤地久枝
さん(81)と元毎日新聞記者の西山太吉さん(80)たちは日米密約の文
書の開示を求めて、長年戦ってきました。友人のいう個性的とは、戦って
いる顔つきだったのです。

6日から山形国際ドキュメンタリー映画祭が始まります。この時期になる
と、街の雰囲気が変わるのが分ります。国内外から映画監督、評論家、
映画ファンが集まります。東北の地方都市がアカデミックな都市になるの
です。これも映画祭の魅力のひとつです。

特にドキュメントの映画監督は異彩を放ちます。商業主義とは無縁で、
お金にはならないだろうけど、ひたすら現実をみつめているからでしょう、
頑固で意思が強そうで、どんな苦境でも負けないパワーを感じます。
かれらの顔も、また戦っている顔です。

戦っている顔が個性的に見え、異彩を放つのは、それだけ社会では数
少ない存在だからといえます。それだけ戦う人がいなくなった・・・
良いことなのか悪いことなのか分りませんが、社会に無関心でいたこと
が、いまの日本にしてしまったことは確かなようです。原発も含めて。
by cosyoken | 2011-10-04 15:55 | つれづれに