建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

セシウムは誰のもの?

セシウムは誰のもの?_c0097137_13374913.jpgずいぶん寒くなりましたね。
歩道の植え込みでパンジー
と葉牡丹が咲いていました。
調べるとどちらも耐寒性が
あって、冬の公園を彩る、と
ありました。
けなげなものです。


世の中、ヘンな理屈が通るようです。先頃の新聞によると原発事故
により汚染された福島のゴルフ場が、東電に除染と損害賠償を求め
たのだが、東京地裁は「除染は国や自治体」が行うべきもの、として
「除染」に係る東電への請求を退けた、というもの。それって税金で?

しかも、高線量のために営業ができないのに、一部分の数値が学校
の校庭使用基準を下回っているため「ゴルフ場の営業再開は可能」
だと、損害賠償の請求も却下した、というもの。

さらに驚くのは東電のこの主張です。「原発から飛散し、落下した放射
性物質(セシウムなど)は東電ではなく、土地所有者のものである。」

つまり放射性物質は無主物(ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、誰
のものでもない)だから責任はない、と主張しているのです。

あきれてものが言えない。これでは原発被害の責任は誰にあるので
しょう。私の友人がフェイスブックでうまいことを書いています。

「自分とっから出た浮遊物に責任ないなら、なんで喫煙者が受動喫煙
とかで責められるんだよ。」

東電も東京地裁も国民をなめてる!!
by cosyoken | 2011-12-05 12:00 | つれづれに