建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最強のふたり

11月に入りました。年賀状の売出しが始まるやら、クリスマス
ツリーの広告が目に付くやら、一気に年末に向けて動き出した
ようです。寒さも増して早朝は息が白くなります。

一昨日の夜、妻と「最強のふたり」という映画を見てきました。

パラグライダーの事故で首から下が麻痺した大富豪と、失業手
当めあてに介護者の面接にきたスラム街出身の黒人青年が、
介護をする側、介護される側という立場を超えて友情がめばえ
ていく、というストーリーです。実話を元にしてつくられています。

最強のふたり_c0097137_7363254.jpg








面接で選んだ理由が「彼は私を同情していない」。同情される
ことにうんざりし生きることに臆病になっていた大富豪が、青年
のユーモアにとんだ正直さに心を開いていくのです。

人は富や権力に弱く、それらを手にした人の前では萎縮しがち
です。また障害をもつ人の前では同情しがちです。

この青年が何ごともないように、ごく普通に対等な立場で、それ
も人としての優しさをもって行動できるって、なんて素敵なことか。

フランス映画らしくユーモアとウィットがあふれ、笑いながら真の
友情のありかたを教えてくれました。お勧めの映画です。
by cosyoken | 2012-11-02 15:18 | つれづれに