建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

山形市 O邸 棟上

建物を造る技術というのに、設計の立場ながら驚くことがあります。
設計図面を書いても、たとえば木組みのほぞの加工までを書いて
いるわけではありません。それらは大工さんの経験によって加工
されてきました。現在ではほとんどコンピュータ制御により加工され
ますが、それの元になる図面のプレカット図は大工さんと私と現場
監督さんの三者で入念に確認してから工場に送られます。

8日9日の二日でO邸の木組みが完了しました。棟上です。

山形市 O邸 棟上_c0097137_10353441.jpg
8日の朝からクレーン車が入り、8人の大工さんが機敏に動きまわり組み上げていきます。この写真は午後2時に撮ったものです。すでに1階部分が完了しています。


山形市 O邸 棟上_c0097137_10423173.jpg
この写真は9日の同じく午後2時に撮ったものです。あらかた終わり屋根の下地の合板を貼っているところです。その速さと正確さに驚くばかりです。チームワークもいいのでしょうね。

こうして組みあがると、後は3人ほどの大工さんが筋交いを取り
付けたり外壁の下地を貼ったりと進んでいくわけです。

建築現場は多くの職人の技術に支えられています。私は監理
する立場ですが、じつをいえば私も彼らに支えてもらっている。
そのことを最も実感するのが棟上の日なのです。
by cosyoken | 2008-07-11 11:51 | 山形市 O邸