建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年 10月 22日 ( 1 )

昨日、O集合住宅の配筋検査がありました。この建物は鉄骨造と鉄筋
コンクリートの混構造で、この日は3階建ての鉄骨造の基礎の配筋を
検査機関にきて頂き検査を受けました。ここまでの流れをご紹介します。

山形市 O集合住宅 配筋検査_c0097137_1049321.jpgこの敷地の地盤が弱いので、
9mの長さの杭を地中に埋め、
その上に鉄骨の柱を建てます。
手前に見えるのがその杭で、
でこぼこしているのは摩擦で
沈まないようにするためです。 



山形市 O集合住宅 配筋検査_c0097137_11145676.jpg杭の頭を表し、基礎や地中
梁があるところを掘り起こし
ます。捨てコンクリートを打っ
た状態です。ここに墨出しを
して、鉄筋を組んでいきます。




山形市 O集合住宅 配筋検査_c0097137_11253287.jpgこれが鉄筋が組みあがった
状況です。検査員の方が
鉄筋の本数を数えたり溶接
の様子を確認します。特に
問題がなかったので型枠を
組み来週にはコンクリートを
流し込みます。
 
              
by cosyoken | 2010-10-22 11:55 | 山形市 O集合住宅