建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2012年 10月 09日 ( 1 )

この三連休は最高の秋晴れで、いも煮会などで楽しまれた方も多
いでしょうね。私は仕事続きで、ありがたいことではありますが。

その初日の土曜日は、OT邸の現場打ち合わせがありました。現
場は内装の下地のボードが貼られ、塗装に入るところです。

山形市 OT邸 現場打ち合わせ_c0097137_15203757.jpg













これはリビングから天井を見上げたところです。小さな窓が連続
し、隣に大きな窓があります。正面の小さな窓は2階の廊下にあ
って、下をのぞくためのものです。

山形市 OT邸 現場打ち合わせ_c0097137_15314165.jpgこれが2階の廊下です。天井には
天窓、正面に見える3個の開口は、
上が東の光が入る窓、真ん中が飾
り棚のニッチ、下がリビングをのぞ
く窓です。
窓は生活にうるおいをもたらしてく
れます。光の動き、外の風景と内
の光景、もちろん風も。



山形市 OT邸 現場打ち合わせ_c0097137_15334100.jpgちなみに、これが実施設計途中に
書いたスケッチです。天井を平らに
するか、屋根なりに勾配天井にす
るかを検討したときのものです。
私は空間に動きがあったほうが良
いと考えました。
さらに窓を検討して、屋根にあたる
部分をニッチ、上下に小窓、という
構成にしたのです。
そうそう、下から呼ぶ声も届きます。
by cosyoken | 2012-10-09 16:35 | 山形市 OT邸