建築家の日々のエッセー


by cosyoken
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:建築( 73 )

不動産情報

土地所有者+不動産屋+建築家が組んだ新しい企画です。

山形中心部に一つの売戸建があります。
すぐに暮らせる家具家電付きで、メンテナンス済みです。
道路は少し狭いけど日当たり良好で、即入居可能です。

所在地  山形市旅篭町1-16-26
土地面積 66,11㎡/19,99坪
間取り  和6×2/和4,5/LDK  駐車場近隣別契
価格   680万円

ここまでは普通の不動産情報ですが、この物件を購入して
現在もしくは将来 新築を考えている人むけに、22帖の広々
LDKの延床面積30坪の設計プランを考えてみました。

売り中古一戸建て当社設計プラン付き
土地+建物+設計監理料=2300万円(税抜き)

不動産情報_c0097137_6435313.jpg












不動産情報_c0097137_6474480.jpg
























                      2階LDKのイメージ写真

●リノベーションしてそのまま暮らしても良し、建築家とオーダー
 メイドで建てるも良し。
●マンションと同じ価格で車庫付きの住宅がもてるプラン。
●もちろん設計の変更は可能。
●建築家と一緒なら都市部でも快適な住まいが実現できる。

いかがですか、興味をもたれた方は事務所までご連絡ください。
by cosyoken | 2014-09-17 06:51 | 建築

仲間のプロの仕事

今日は真夏の暑さですね。梅雨ももうすぐあけるようです。今から
これでは先が思いやられます。熱中症にご用心を。

今回は私の仕事仲間のホ-ムページを紹介します。そこには私
が設計をさせていただいた建物が登場し、彼らのプロの仕事を
見ることができます。

植栽があると建物がいっそう引き立ち、見るものに安らぎを与え
ます。造園家を紹介するときは「武田園芸」です。施主の要望に
そいながらいろいろな工夫を盛りこんだプレゼンテーションと見
積もりをつくってくれます。

山形市O集合住宅」では、「デザイナーズマンションの庭」という
タイトルで実例紹介をしています。

仲間のプロの仕事_c0097137_158511.jpg























建物の完成写真を撮ってもらっているのは「マンクリエイト」です。
代表の長岡さんはコピーライターとしても一流ですが、建築写真
家としても活躍しています。

山形市N邸」では次の文章とともに写真を紹介しています。

住楽|JURAKU MODERN

山形県山形市 2013.12
設計:横山設計事務所+光象研究室

住むことを徹底して楽しむ。そんな意志が感じられる住まい。
個性とこだわりのモダンスタイル。

建築写真撮影:長岡信也

仲間のプロの仕事_c0097137_1643982.jpg
by cosyoken | 2014-07-25 16:42 | 建築

見積書

このところ見積書とにらめっこが続いている。実施設計
が終わり、ひと段落がついたと思う矢先に出てくるのが
工務店などから出てくる工事費の見積書。
建主さんの予算に合えばすんなりと決まるのだが、なか
なかそうは問屋がおろさない。

実施設計図はほとんどがオーダーメイドだから、おおよ
その見当で書いているものの、見積書が出ないと実際に
いくらで造ってくれるかが分からない。

予算に合わせて設計するのがプロだろう、との声が聞こ
えそうだが、実はそれが一番簡単な道。建主さんの希望
を、それはムリといってしまえば、これほど気が楽なこ
とはない。小さく四角い箱を設計するのが無難な道。

それではつまらな建物になってしまう。せっかく大金を
かけて造るのだから、建主さんの夢をかなえてあげたい。
せっかく私に依頼してくれるのだから、素敵な建物にし
たい。何年も世に存在するのだから恥ずかしいのは嫌だ。

そんなこんなで夢を追いかけることになる。無謀な挑戦
の場合もあるのに、たくさんの夢を詰め込んだ設計がで
きあがる。すべてが実現するとは限らない。それでもい
いと考えている。夢を追いかけなければ何もない。たく
さんの夢があれば、その一部は確実に残る。

その設計の結果が、目の前にある見積書。多くの場合と
同様、予算オーバーになっていて見積調整という作業が
始まる。夢に重要順位をつけてもらい、低いものははず
していく。後でも出来る部分は延期にする。機能優先で
安くできる方法を考える。図面を書き直すリスクもある
が、それも覚悟の上。

苦しい作業だが、少しでも夢のある建物にするのが私の
役割だと考えている。私が設計させていただいた建物が
輝いているとしたら、それは建主さんと私との夢の結晶。


by cosyoken | 2013-06-29 08:00 | 建築

セミナー参加

セミナー参加_c0097137_1623332.jpg今週の火曜日はアメリカ広葉樹
アーキテクトセミナーに参加して
きました。前半はアメリカから来
られた木材事業主や建築家の
話で広葉樹のPRでした。後半
は建築家の中村好文さんと木材
塗料の専門家の話でした。

私のお目当ては中村好文さんです。中村さんは吉村順三設計事務所で
修行された方で、師匠ゆずりの居心地の良さを追求した住宅を、数多く
設計されています。

今回のテーマは「小屋においでよ!」というもので、「住宅とはなにか?」
という問いを小屋を通じて考えようというものでした。エネルギー自給自
足で必要最小限の装置を備えた小屋のいくつかを紹介してくれました。

セミナーの最後は建築家としてのスタンスを話してくれました。人をびっく
りさせることを目的にした変わった建物より、目に嫌でない建物をつくりた
い、というものでした。共感しますね。少なくとも住宅の設計を主にしてる
建築家はそうあるべきだと思います。

セミナーの後にレセプションがあって中村さんと話をすることができました。
温厚そうな人柄で、それが設計に反映されているんだな、と感じました。
住宅作家というのは目立たない存在です。それでも全国で仕事をされて
いるようです。私の目標の一人ですね。
by cosyoken | 2013-05-24 09:42 | 建築

建築家のお仕事とは?

建築家のお仕事とは?_c0097137_1716182.jpg19日に満開になった桜が
いよいよ水面をピンクに染
めはじめました。ここ10日
間ほど寒かったり、21日に
は積もるほどの雪が降りま
したから、開花期間が長か
ったですね。今朝の桜です。

前回「住まい情報」という不動産情報誌のアンケートに答えたことを
書きましたが、その情報誌が昨日送られてきました。

表紙には「図面を描くだけじゃない 建築家のお仕事とは?」という
タイトルが。開くと「依頼を受けてから住宅をつくりあげるまで」とあり
①から⑧までの項目で、ある時は不動産屋さん!から始まって、
ある時は、の後に営業マン、設計士、立会人、現場監督、検査員、
調査員、家族、と仕事の流れと共にある役割を解説しています。

なるほどね、と思いました。次の文章もいいですね。
「中立的な立場で施工者との橋渡しをしますので、自ら施工者と
交渉する負担や、変更で生じる予算増の不安などが大幅に軽減
されます。」

そうなんです。家を建てた人から「施工者の営業マンとは気が合
っても現場監督から、あれはダメこれは追加といわれ、素人の負
い目もあってうまく交渉ができなかった」というのをよく聞きます。

私へのお問い合わせのメールに「建築家の方にお願いするのが
一番なのかもしれない」と書かれていたりします。一番かどうか
はわかりませんが、家づくりにおいて建築家という選択肢もある
ことを、この情報誌などを通して知ってほしいと思うのです。
by cosyoken | 2013-04-30 17:25 | 建築

アンケート

アンケート_c0097137_9192594.jpg霞城公園の今朝の桜です。
ここ数日肌寒い日が続いた
のですが、あれよあれよと
満開になりました。
「浮き立つ」という言葉が
ありますが、まさに今の私
がそうです。

お堀の水面がさくらの花びらでピンクに染まるまで、浮き立つ状態
が続きそうです。もちろん花見酒で酔いしれるのですが。

一昨日、アイン企画さんから「住まい情報」という不動産情報誌で
建築家特集をするのでアンケートに答えてほしい、という電話。
それも明日の朝まで、と。その質問と22字以内の私の答えです。

Q・建築家として決めているモットーやルール
A・施主の希望に応え、それを越える家を造ること

Q・設計前に施主に1つだけ聞くなら?
A・どんな風に暮らしたいですか

Q・あなたにとっての「家」とはどんなところ?
A・素直に自分たちらしく安心して暮らせるところ

Q・その他自由に
A・時の流れに耐えて愛され続ける建物が目標

22字以内というのがちょっとつらいところでした。5月1日発行
のフリーマガジンですので、どうぞお手に取ってご覧下さい。
by cosyoken | 2013-04-19 10:55 | 建築

センセイじゃない建築家

今日から3月、気温も上がったようで小雨が降っています。この雨が
雪をとかし、草木が芽吹きはじめるのも、もうすぐのようです。

ブルータスの見出しが面白かったので買ってきました。

センセイじゃない建築家_c0097137_15342695.jpg


















特に「センセイじゃない建築家」が気に入りました。私もセンセイと呼
ばれることもありますが、学校の先生やお医者さんでもないので、
ヘンとも思ったりしますが、「止めてください」というのも大人気ないし、
まぁ名前で呼んでくれた方がうれしいな、という感じです。

昔の建築家は本当に先生でした。哲学的な思考をしたり、自分の作
風に信念をもっていましたからね。でも今の建築家は、施主の満足
度を大切にしているので、先生と呼ばれて嬉しがったりしないのです。

ブルータスの特別付録でもキーワードは「一緒に家づくりをするパート
ナーを見つけよう」です。建築家への「モットーやルールは?」という
質問では、「自分のやりたいことから始めないこと」「作風を決めない
こと」「施主の意見や諸条件、周囲の環境を否定しないこと」などが
答えとして並んでいます。

建築家は身近なパートナーなんです。お気軽に声をかけてください。
by cosyoken | 2013-03-01 17:15 | 建築
今年の「やまがた家づくりの本」が発売されています。
「建築家とつくりあげるMY HOME」というコーナーで
私の事務所が掲載されています。ここでご紹介します。

私がデザインするときに心がけていることは、言葉で
説明できないような余計なデザインはしないことです。
無駄なお金がかかってしまいますからね。

施主のご要望を満たし、さらにそれを越えようと一つ
一つ丁寧にデザインしてきました。スタイリッシュや
ナチュラルなど表現は違いますが、時間に耐えられ
るデザインを心がけています。年月がたってあきられ
たら、つまらないですからね。
クリックすると拡大しますので、どうぞご覧下さい。

やまがた家づくりの本2013_c0097137_1812192.jpg

by cosyoken | 2013-01-23 10:27 | 建築

系譜

系譜_c0097137_1537281.jpg忙しさに追われて先週は
更新できませんでした。
なんだかあわただしく月
日が流れていきます。
気が付けば紅葉の季節。
それも枯葉が道を染め始
めました。

縁あって、建築家の吉村順三の事務所で修行をされた、山形の
建築家が設計した住宅を見せてもらい、図面をお借りすることが
できました。ちなみに吉村順三は亡くなられましたが、住宅設計
の名手で、多くの建築家に影響を与えました。

確かにその住宅は吉村流でした。障子の桟と枠の同寸法や素
材の使い方、丁重な仕事ぶり。私は現在ギャラリーになっている
吉村事務所を訪れたことがありますが、山形で、現役の住宅を
見るとは思ってもいませんでした。

図面を見ると実に考えられた設計をしています。展開図は緻密
にびっしりと書き込まれ、建設会社も造るのに、さぞ苦労された
と思います。

吉村流については5月にもこのブログに書きましたので、ここで
は省きます。興味ある方は「ここ」をクリックしてください。

私が敬服したのは、師匠から弟子へと流れる系譜のことです。
吉村順三は亡くなっても、脈々とその精神と作法が受け継がれ
ていること、ここ山形にそれがあること、素晴らしいことですね。
私も図面と実作を見ることで、吉村流を学びたいと考えています。
by cosyoken | 2012-10-23 16:30 | 建築

東京紀行

先週の火曜日に仕事で東京に行ってきました。東京も暑く大変
でしたが、気になっていた展示会と建物を見てきました。

東京紀行_c0097137_9535688.jpg













これは東京都美術館のリニューアル記念企画の「生きるための
家」展で最優秀作品の実物大模型です。3.11を経て、人や家に
対して、新しいあり方を提案するという趣旨でした。

この作品は、いくつもの柱が林立し斜めの床や屋根をささえ、家
の内外に場をつくり、住む人が互いの気配を感じられる家を想定
しています。

3.11で、人との絆がいかに重要なのかを再認識させられました。
家づくりも、何LDKという個を重視する考え方から、家族の絆を
いかに育てるかに、変わっていくでしょうね。

東京紀行_c0097137_113250.jpg次に訪れたのはこれ。そう
東京スカイツリーです。これ
全て溶接で成り立っていて、
組み立ては現場溶接です。
職人の意地とプライドの塊。
人の技って凄いですね!

東京紀行_c0097137_10584163.jpg夜景もとても美しい。このた
めに新たに開発されたLED
照明1995台。「飛び級の
さらに飛び級」でレベルアッ
プしたそうです。

夢と希望のシンボルだった
東京タワーとは違いますが、
東京スカイツリーは確実に
人間の可能性を示していま
す。そこは信じたいですね。
by cosyoken | 2012-09-19 11:55 | 建築